ようこそ会社設立へ
会社設立を目指す

会社の形態

新会社法になり有限会社がなくなり、現在4種類の会社形態がありますので、ご紹介します。

株式会社

株式会社は誰でもしっている会社形態ですし、やはり知っている人が多いってことは、株式会社の数も多いってことです。また、その数も多いと意ことや会社内の取り決めなどは法律によってほとんど決められているので、信用度も高いということがあります。そして、出資者は有限責任になっているので、もし破綻したとなった場合でも出資金以上の負債は負わなくてもよいというメリットがあります。また、新会社法によって資本金が1円から設立できるようになりました。

合名会社

合名会社ってあまり聞かれない人も多く、会社形態としても登録数の少ない会社形態になっています。なぜだかと言うと、原因は無限責任だからってことじゃないかなって私は思います。
この無限責任ですが、有限責任の場合は出資者が出資金以上の負債は負わないでいいということに対し、無限責任は、思いよらない過ちの損害賠償などを資財をなげうってでも支払わなければいけません。
現在のメリットといえば、法律によって取り決められている株式会社と違って、自分達で決めることができたり、税務上の待遇を受けることができるということがメリットとなるのではないでしょうか。

合資会社

合資会社も合名会社と同じくあまり耳することなく、会社形態としての登録数も株式会社に比べると少ないというものです。ほとんど合名会社と同じなのですが、合資会社の場合は無限責任もあれば有限責任と言う出資者がいるということですね。

合同会社

新会社法で新しく出来た合同会社です。これもできたばかりなのであまり耳にした人はいないはずですが、今からどんおん増えてくるであろう会社形態だと思います。
合同会社は有限責任性で法律によって定められているわけでもなく、自分達で決めることができるというメリットがあります。出資額は頑張った分の配当をもらうことができるので、頑張りがいのある会社形態です。

Valuable information

ブルガリ 買取

Last update:2017/8/3

copyrgiht C 2009 会社設立CP Allright Rserved.