ようこそ会社設立へ
会社設立を目指す

新会社法

新会社法ってご存知ですか?そろそろ馴染んできたかなっておもうのですが、私の周りに知ってる?って聞いたところ、まだまだ知らないという人が多かったことが現実でした。
ということで、新会社法とはなにか勉強してみましょう。

新会社法とは

平成18年5月にこの「新会社法」というのがスタートしだした法律なんです。「新会社法」というように、会社を設立する上で新しくなった法律なんです。今まで、会社の法律って有限会社や商法などの法律がバラバラだったので、その法律をまとめようということで作られました。この新会社法によって、現在は有限会社を設立したいな・・・と思っても、設立することができなくなりました。 しかし、有限会社としての設立はなくなったのですが、株式会社の設立内容も改正され、有限会社と株式会社がミックスしたような制度になり、株式会社でも取締役が一人でも株式会社として設立することができるのです。
この新会社法で一番変わったことは、株式会社の最低資本金が1000万円だったのが1円から会社設立することができるということが一番大きな改正だと思います。今まで株式会社を設立したいと思っても資本金を集めるのに時間がかかっていたのですが、1円からできるとなると誰でも会社設立することが出来るようになりました。そして、会社設立のときの手続きが簡単になったということです。
それ以外にも新しい会社形態もできました。合同会社と言って欧米ではこの合同会社というのが一般的です。合同会社が誕生したことで、会社設立もしやすくなると思います。もしかしから、株式会社よりも合同会社の数が増えてきそうな感じもします。

有限会社廃止になると・・・

新会社法が設立され、有限会社が廃止されたことで、疑問がでてきますよね。今までの有限会社はどーなるの?って気になりますよね。ではでは、少しお勉強を・・・
有限会社が廃止されたら、有限会社って名乗っていけないのかというと、そうではなく、今まで通りに有限会社として名乗ってOKです。しかし、株式会社として変更することも可能なので、どちらでもOKとなります。
もし有限会社から株式会社へと変更する場合は、手続きを行わなければなりません。

copyrgiht C 2009 会社設立CP Allright Rserved.